顔のたるみ解消

頬のたるみ解消エクササイズは毎日少しずつが大事

 

頬のたるみを解消するためには、毎日のケアが大事なんです。

 

そのケアでも特に頬のたるみに効くアンチエイジング美容液を使いたいもの。

 

その美容液をつけても肌の調子が良くならないなら、顔の筋肉が衰えてきているのかもしれません。

 

頬のたるみは、肌荒れと違って、顔の表情を変えてしまいます。

 

頬の位置が下がって、顎の周りに肉が寄ってくる。

 

そんなたるみは、あなたの顔を一層老けて見せてしまいます。

 

そんな悲しい現実に打ち勝つには、エステに通うよりもまずは顔の筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

体の筋肉を鍛えるのと同じで、顔の筋肉も鍛えられます。

 

そうなれば表情も若々しくなるのです。

 

使っていない筋肉を使うと、肌だってキレイになってきます。

 

筆者が行っている、いつでもどこでもできる頬のたるみに効くエクササイズです。

 

○口角を左右に引っ張る。

最初口を閉じた状態から、口角を左右に思い切り引きます。
口は閉じたまま、「アー」と声を出しながら息が続く間続けます。
これを3セット。

 

○右左交互に口角を上に引き上げる

右の口角だけを上に引き上げます。
口を閉じたまま、「イー」と言いながら続けます。
同じように左もやります。
これを3セット。

 

始めは、これを3セットずつ行い、慣れてきたら5セットにしてみました。

 

お風呂に使っている間中続けていたこともあります。

 

美容法はどれも一緒ですが、少しずつを毎日続けることが大事なんです。

 

湯船につかる時間は毎回、このエクササイズを続けました。

 

そして1年後、頬の位置が上がるのを実感したんです。

 

ほうれい線も薄くなりましたし、口周りも引き締まってスッキリしました。

 

自分でも自分自身が若返ったと思いました。

 

たるみの原因は筋肉が衰えていたんです。

 

高価な美容液では、この実感は味わえませんでした。

 

このエクササイズのおかげだと思っています。

 

お金もかかりませんし、準備も必要ありません。

 

仕事や家事の合間、テレビを見ながらだってできちゃいますから、是非やってみてください。

頬のたるみを解消するエクササイズ

あまり知られていない何気ないことですが、スキンケアやメイクをするときでも、たるみケアに役立つ方法はあるんです。

 

簡単なことなんです。

 

下から上、内から外をルールにすることです。

 

スキンケアをするときに行えば、特にたるみケアを意識したマッサージをしながら美容成分を付けることができて、頬のたるみケアをしながら美肌ケアができます。

 

それにリフトアップ効果のある美容化粧品を使えば、さらに効果が上がります。

 

頬のたるみを解消するための表情筋を鍛えるには、頬の筋肉を使うエクササイズをお勧めましす。

 

口を突き出して、次に頬を限界までへこませてから、5秒キープ。

 

次は逆に頬を限界まで膨らませて、5秒キープ。

 

ゆっくりと元に戻します。

 

このエクササイズは頬の代謝をアップさせてたるみ軽減効果があります。

 

もう一つ、上唇の筋肉を使うエクササイズを紹介します。

 

口を閉じて、上下の唇を口の中に巻き込むようにします。

 

次に下唇だけ下に動かし、飴が入るくらい開け、5秒キープします。

 

下唇をゆっくり戻して、元の顔に戻します。

 

このエクササイズは、笑顔の口角が上がった唇がキレイになる筋肉強化です。

 

頬のたるみが改善してくると、笑顔もきれいになってきます。

 

だから、一緒にエクササイズしてみるといいですよ。

頬のたるみの原因は筋肉の衰え

頬のたるみは、どんな美人であっても、誰にでも歳をとるといつかは起こります。

 

見た目年齢は、頬のたるみのれべるで変わりますから、上手にかいしょうして、いつまでも若々しく見えるようにしたいですよね。

 

 

そんな時には、たるみの原因を見つけます。

 

まず頬のたるみの原因で大きいのは、表情筋が衰えること。

 

筋肉が弱くなり皮膚を支えられないようになるため、重力に従って頬がたるんでくるのです。

 

それに肌の弾力が失われることでも皮膚は下がり、たるみの原因になります。

 

また、余分な老廃物が頬に溜まって顔がむくむと、むくんだ部分がたるんでくることもあります。

 

こんな頬のたるみを解消するには、たるみの原因に合わせて対処をすることが必要になります。

 

表情筋が衰えたなら、顔の筋肉を鍛えましょう。

 

物をしっかり噛んだり、鏡の前で大げさな表情を作る、口を大きく開け「ぽ・り・ば・け・つ」などの形を作り、お肌にハリを取り戻すようにします。

 

顔の筋肉のトレーニングは、意外ですが、比較的早めに効果が出てきます。

 

表情筋を動かすようにしていると、その影響で顔のリンパの流れもよくなってきます。

 

それによって余分な水分や老廃物が押し流されるようになり、その結果肌のハリが戻ってきます。

 

表情筋は表情が豊かであれば発達します。

 

日ごろから仏頂面をせず、喜怒哀楽をしっかり自分の表情に出すようにするのもいい効果があります。

 

肌の弾力が無くなってきているのなら、徹底的にスキンケアをしましょう。

 

それがたるみの解消につながります。

 

特に乾燥はお肌の敵でたるみの元になりますから、年中しっかり保湿をしましょう。

 

中でも一番大切な対策は、紫外線に対する対策です。

 

紫外線でも肌はたるむんですよ。

 

紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、肌の弾力の元のコラーゲンを破壊してしまうのです。

 

老廃物が溜まっていると思ったら、リンパマッサージをしましょう。

 

エステに行かなくても、ゴルフボールやフェイスマッサージグッズをうまく使ってマッサージをしましょう。

 

マッサージをするときには、クリームやオイルはたっぷり使ってください。

 

お肌の摩擦だって乾燥を起してたるみの原因になってしまいますから。

 

マッサージでお肌を傷つけないように気をつけましょう。

健康関連リンク

目の下の痙攣まぶたのピクピクが人前で始まってしまってホントに困った・・・。実はまぶたの痙攣というのは目からのSOSだということをご存知ですか?